2タイプの尊敬できる女性を持つことです

Filed in Leave a comment

看護師の仕事を続けていくには、医療従事者としての目標を持つことは重要になります。
看護学校を卒業して社会人となり、病院勤めをはじめてもまだ一年生でしかありません。
学んだことは知識なので、現場に出ると応用問題の連続となります。
夜勤勤めともなれば、日勤のように多くの先輩がいるわけではなく、自分で判断をして対処しなければならないこともあるのです。

毎日の積み重ねが自分を成長させてくのですが、やはり勤め先に尊敬できる女性を見つけることがポイントになります。
誰でもが一年生の時があったのですが、経験を積み重ねてベテランになっていきます。
経験は知識と違いお金では買えるものではありませんので、貴重な知恵の積み重ねで本人の財産ともいえるものです。

医療従事者として独り立ちできるには、先輩の中に目標とする人を持つことです。
この先輩には看護師として尊敬できる人と、女性として尊敬できる人の2タイプを持つとベストです。
それは看護師として仕事に厳しく、医療業務の目標になっても、女性として家庭生活に疑問を持つ人では、理想の看護師像を築き上げることはできません。
長く看護師の仕事をするためには、結婚し家庭を持ち、更に子どもを産み、子育てもしなければなりません。
この両方を築き上げるには片肺ではダメなのです。
特に、結婚して女性としての生き方を経験した人は、現場に即した対応を身をもって体験しているので話を聞くだけでも勉強になるでしょう。

,

TOP